自然の気力を料をするのは力量地方を訪ねる感じくらい必須

40才ひとり暮し女性の方達だ。
ひとり暮しなので、休暇はかなり自由に過ごすことができます。
と言っても、普段は業がせわしないので、休みは、保全、洗濯などの家事に追われることが多いのですが。
こちらは、業が賢く回ところ薄い時や、なんだかモヤモヤしている時は休暇に気の知れた友人を誘って山登りに出かけます。
我が家から1日数ほどで出向けるようなとこだ。あまり遠いと疲れてしまうので。。
早起きして、朝から登り取りかかり、正午頃に山頂に到来。
持参した正午を食べて、降りて生じる。だいたい5?6日数かけてゆっくりと登って降りて来る。
日頃の作用不備も放出もできるし、気の知れた友人と業の言動、将来の夢の言動、異性の言動、不安に思っていることなど話をしながらちょっと辛い登りも汗を垂らしながら登っていく。山頂に着いた時は、外装も心中も毒消しされています。不思議と山野を登ってる段階っていろんなことが前向きに考えところます。山頂に着いた時の達成感も本当に良い。この世、もっと頑張らないととか、まだまだやらないとという気持ちになることが多く、なかなか達成感って風味合え気がするのですが、山登りは自分によく頑張ったって当てはまるんです。外装はクタクタになってますが、こころは元気になります。そのせいか、翌日からは業の流れが変わります!本当に不思議です。自然の思いって強いなと思います。だから、休暇の山登りはこちらはせわしない段階こそ日数を作って行きたいと思います。
http://xn--ecka7aybe3d0b9f2c1a0kc6sb.net/

自然の気力を料をするのは力量地方を訪ねる感じくらい必須

大好きなマイカーと暮す休日の幸せ概況について語らせて下さい

題名の文字通り、俺のオフはまさに自動車と共にやり過ごす貴重なワンデイだ。日常の通勤にも自家用車を用いるので四六時中触れ合っているのですが、休みの日はむしろ運転ではなくて、すこし近郊に生じるような大きな公園設備のパーキングでほぼワンデイの間、夕方局面まで車種の近くで越すのです。もちろん公共の部分ですから大掛かりな供与や直しをするような趣旨(時折タイヤを交換してる人間なんかもいますが)はしません。せいぜい飛び石の跡をタッチ上がったり細かいスクラッチ傷をコンパウンドで磨いたり水準ですね。気持ちの有難い時期なら車内で昼寝したり、コンビニで買ってきたお弁当やらお菓子で出陣意思分を楽しんだり、せっかく公園にいるのに散策もせずにパーキングの自動車のの間にず~っと居ます(笑)けっこうそんな人間もいるもので、子連れの母体だったり、売り買いの出先回りでブレイクタイム(ズル休日?)してるオジさんだったり、色んな人間が思い思いに過ごしているのがみてとれます。そういう状況をポケ~っと人間スパン視察するのも楽しかったりする。車種のおもしろさは滑る趣旨だけでなく、転居スペックつきのマイルームという現実があるんですよね。お気に入りの身なり&インテリアのルーム、自分だけの残りにご心地な楽曲があれば何処に行っても息抜き時間♪
エカスのおかげで二日酔いがない!

大好きなマイカーと暮す休日の幸せ概況について語らせて下さい

オフは購入に行くか、釣りに出向くか、映画を見に出向くかだ。

僕はウィークエンド休日だ。
僕の休暇の過ごし方は、購入に出向くことです。
ストレスなどがたまり易く、ウィークエンドになると購入へ赴き、洋服を見て、革製品を見て、購入して、コーヒーを呑むのが一番のストレス発散だ。
そして、僕はダーツがホビーな結果、夜はダーツをして交換を深めたりしています。
各週、各週購入に行くため、こういう雑貨よく探るな。とか見なし、少し飽きてしまいますが次の週間にはまた新しい商品がある結果、そこまで飽きてしまうことはありません。
そして、夏になると、バーベキューをするのが各週の楽しみになってしまう溜め、夏はあまり購入が出来ないのです。それはそれでストレスがたまってしまうため、夏季の豪雨が降る日光は購入へ赴き
晴れている時はバーベキューにいきます。
そして午前はクラブへ赴き、ボディーを鍛えてから購入に行くため、少し出向くのは遅れますが、僕の休暇の越し方は大きくわけて
午前クラブへ赴き昼から購入夜はダーツへ出向くという流れです。
でも甚だしくその自分が頂点テンションが上がる結果、それが出来ないときの不愉快気持ちは果てしなく残るままになる。
ホビーは己見つけて、精一杯楽しむことをお勧めします。
ストレスも溜めすぎないようにしていきましょう。
はぴーとが気になるので買ってみようかな。

オフは購入に行くか、釣りに出向くか、映画を見に出向くかだ。

大好きな父ちゃんの休日の一年中を調べてみました

ウィークデイ、父親達は、中々、娘とふれあう瞬間が短く、娘もダディと遊びたくて仕方ない様子です。
パパ達も、わが子供に癒されたく、遊戯に連れて行きたい気持ちは大いにあるようです。
しかし、ウィークエンド休日の売り買いとなると、中々、娘を遊ばせることができるパブリック施設が無く、困っている。
しかし、今日は、近所の保育園で園庭園を開放して、男子養育手助けセレモニーが開催されていました。
早速、張り切って早起きして参加してきました。
ちぎり用紙でできたジム、ボールジム、オモチャの金魚すくい、お部分やインナー製造、タイヤで作ったボール遊戯レベル、各端子供達が注意退く献立で、大人陣も楽しめました。1瞬間という限られた瞬間でしたが、最後にはみんなでノリ遊戯もしました。
こう言う目論みに参加するのは、われわれ、家族は初めてで、意外と多くの身内が加入されていました。
軽装、売り買いでお疲れ様のパパさん達ですが、娘を喜ばせる為に、同然懸命笑わせたり、遊ばせて、ライバルしてる着こなしを見るのも、可愛らしく感じました。
残念ながら、わが長女は、丁度、昼前中眠い瞬間と重なってしまい、後述は爆睡してしまいました。
長女が寝てしまっては、われわれ夫婦もどうするわけにもいかず、いつか回を楽しみにという結果、早々と帰りました。
キレマッスルがいいと思います。

大好きな父ちゃんの休日の一年中を調べてみました

網戸を入れ替えるだけで部屋の傾向が変わって非常にいち押し

 近頃、うっかり網戸に手を付いたテンポに、ウェブサイトが外れてしまいました。
 見ると、古くてゴム部分もボロボロになっていたので、これを機に網戸を張り替えてみることにしました。

 ホームセンターじゃないと扱ってないかな?と思ったのですが、スーパーにも網戸機械が揃っていました。昔、障子は売ってたからもしかして、と御法度元で行ったのですが、大結論でした。(我家は、ホームセンターがちょっと遠いので・・・。)
 網戸のウェブサイトも、グレー、黒、メッシュの細い小物など、意外とクラスが置いてあります。ここは迷わず、外の展望が綺麗に映ると聞いて、ずっと憧れてた黒いウェブサイトを選びました。
 差止めゴムも、太さが何クラスかあって、精神「なんでそんなに色んな規範が起こるの」とあせりつつ、見覚えのいる太さのを入手。
 張替え用のローラーやカッターも売ってるし、スーパーさすがだ。

 DIY初心者で、上手な人間でもないので、ゼロ人間で苦労しながら作業して、なんとかかけることが出来ました。
 後からwebで調べたら、張替え登録用の専用のクリップも存在するらしいですね。誰かに押さえて買うか、クリップで押さえてたら、もうちょっと気楽だったのかなと思います。
 でも! しんどさした役割あって、黒い網戸のおかげで想像以上に外部がクリアに思えるようになりました!
 網戸で遮蔽されてる様子が軽減されるので、なんだかルームが大きく感じます。窓が一部分増えた様子、というのが間近いかもしれません。
 網戸を換えただけなのに、プチリフォームみたいになって、なんだかお得な意思分が味わえました。
デパスを個人輸入するには?もう禁止なの?

網戸を入れ替えるだけで部屋の傾向が変わって非常にいち押し

現場第一主義

皆さんと共に、動いて、語って、行動する!“谷村たかひこ”を紹介いたします。

 昨年(平成16年)6月9日の都議会本会議一般質問で谷村都議が石原都知事に「東京都の観光活性化のため都庁舎をライトアップしては」と質問をしたことに石原都知事は「やってみましょう!」と快諾。
 平成16年10月1日、省エネルギー対策として平成11年3月を最後に休止していた都庁舎のライトアップが、ビルの夜景を観光資源として活用するため、5年半ぶりに再開されました。今年度は試行再開とし、都民の日を皮切りに祝日など年度内に15回、日没から4時間程度点灯します。
 照明にオレンジ、緑、黄、ピンクの4色のフィルムを使用し、都庁第一庁舎の43階から上部を鮮やかにライトアップします。
「バイオマス電力」を利用した電気代は1回あたり約2000円程度と財政状況も考慮しての取り組みとなりました。

【今後のライトアップの予定日】
 平成17年2月11日、3月10日、21日

本会議での谷村提案と知事の答弁

石原都知事会見
5年半ぶりにライトアップされた都庁舎(昨年10月)
−東京都HPより−

このページのトップへ

桜が丘保健所予定跡地に総合福祉センターの建築を!
 昨年(平成16年)12月、谷村たかひこ都議と東大和公明党市議団は、東大和市桜が丘の保健所予定跡地の視察を行ないました。
 東京都が保健所建設用地として取得していたこの用地は、多摩地域の保健所統廃合が進められた結果、白紙となったため、公明党市議団は、健康・福祉・医療を担う「総合福祉センター」の建設をいち早く提唱し、谷村都議と連携を取りながら市議会で強く主張してきました。市では、公明党の要望を受けて建設の方向で東京都と協議を進めています。 谷村都議と東大和市議団
東大和市桜が丘の保健所予定跡地を視察する
谷村都議(中央)と東大和公明党市議団

このページのトップへ

新潟県中越地震被災者救援へ募金活動!
 「新潟県中越地震災害支援の会」が昨年(平成16年)10月30日、東大和駅前、11月3日武蔵村山市内、11月6日には久米川駅前で被災者救援のため、街頭募金活動を行ないました。これには公明党の谷村たかひこ都議をはじめ、東大和市・武蔵村山市・東村山市の各市議会公明党のメンバーも駆け付け、募金の協力を呼びかけました。
 この募金活動は全国各地で展開され、「支援の会」らは11月22日、新潟県庁を訪ね、泉田県知事宛に、全国から寄せられた1,148万5,984円の善意の募金を寄託しました。 街頭募金活動を訴える谷村都議
「新潟県中越地震災害支援の会」の街頭募金活動に
駆け付け募金を訴える谷村都議

このページのトップへ

多摩老人医療センターの機能を残し、総合病院化に!
 多摩老人医療センターの「老人専門機能」を残した上で小児科をはじめ、救急医療も充実され、2005年度には総合病院化が実現されます。
 谷村たかひこ都議をはじめ、公明党市議団は、総合病院化に伴って今後は、がん医療・女性専門外来などの設置に向けて積極的に進め、地域住民の皆さんが安心して頼れる地域の中核病院として、さらに機能を充実させてまいります。
 特に女性専門外来の設置については、公明党の女性党員を中心に署名活動を展開し、石原都知事宛に提出してきた経過があります。

このページのトップへ

多摩都市モノレールを武蔵村山市に早期延伸!
 鉄道駅が全くない武蔵村山市にとって、モノレールの延伸は、全市民の大きな願いです。
 この市民の切実な願いに応えるため、谷村たかひこ都議は、これまで多摩都市モノレールの延伸を積極的に推進してきました。
 今回、上北台駅付近から武蔵村山市に向かって6.7キロメートルの新青梅街道を、現在の幅員18メートルから30メートルに拡幅する都市計画変更がされることになりました。
 交通渋滞の解消と同時に、武蔵村山市へのモノレール延伸へ大きな一歩となります。

現場第一主義

実績

谷村たかひこ
都民相談3000件突破! 
あなたが笑顔になるまであきらめません!
4年前、皆様の絶大なるご支援により都政に送っていただいて以来、皆様の期待にお応えするため、現場第一主義をモットーに一人ひとりの声に耳を傾け、懸命に活動してまいりました。
おかげをもちまして福祉、医療、教育、防犯、街づくりなどの多岐に渡り多くの実績をつくることができました。
今回、2期目の挑戦になります。初心を忘れずに新たな決意で、地域のために、1200万都民の幸せのために、さらなる都政改革に全力で取り組んでまいります。
皆様のより一層のご支援を何卒宜しくお願い申し上げます。
このページのトップへ
教育
都立高校の修学旅行費を改善

経済的理由で不参加者が400名を超える実態を踏まえ、保護者の負担軽減を提案。その結果、修学旅行費の上限額を引き下げ、2004年度から適用されました。

公立中学校・都立高校に
スクールカウンセラー
公立中学校全校に、都立高校(平成14年度20校、15年度30校、16年度40校)を配置する予定です。

このページのトップへ
防犯・防災

安全・安心まちづくり条例を制定
地域住民が協力して行う防犯活動や犯罪防止のための環境づくりを進める「東京都安全・安心まちづくり条例」が2003年10月より施行されました。
村山団地にスーパー防犯灯が
三多摩で初めて設置

三多摩で初めて、スーパー防犯灯(防犯カメラ付、ボタンを押せば、最寄りの警察署に通報)が村山団地に2003年6月に設置されました。

このページのトップへ
福祉・医療
多摩老人医療センターを総合病院化に

多摩老人医療センターに小児科を設置し、総合病院化が2005年度に実現予定です。
難病対策が充実 色覚バリアフリー対策を推進
肝内胆管障害の患者の要望を受け、難病対策の対象に原発性硬化性胆管炎の指定を実現しました。

地下鉄路線図や都庁舎内エレベーター案内板にひと工夫の文字表示が実現しました。
このページのトップへ
町づくり

新青梅街道を幅員30メートルに拡幅へ
モノレールの軌道空間となる新青梅街道を現在の幅員18メートルから30メートルに拡幅する都市計画変更がされることになり、モノレール延伸へ大きな一歩となります。
このページのトップへ
各種政策の申し入れも行っています!
女性専門外来の設置要望

児童虐待防止対策の申入れ

このページのトップへ

実績

政策

政策提言
私は「福祉・教育・安心・長寿」を重要テーマとして捉え、次に掲げる政策に全力で取り組んでまいります。

谷村たかひこ
健康でいきいき社会をめざします
介護予防サービス拠点を2008年までに中学校区に一つ、2011年までに小学校区に一つ設置。
介護保険の見直しなど、居宅介護支援事業に対する東京都独自の支援策を推進。
このページのトップへ
子供を生み育てやすい環境をつくります
安心して子育てが出来るように、中学生まで医療費を無料化。
児童手当を小学校6年まで拡充。
育児休業手当ての引き上げ。
このページのトップへ
安全・安心で暮らしやすい環境をつくります

警察・消防・医療が連携した救急体制の整備をはかるため、ドクターヘリ・防災ヘリの増設と中学校区に1か所のヘリポートの整備。
学校の安全を守るため、スクールガード(学校警備員)を全中学校に配置。
空き交番ゼロ作戦の展開。
このページのトップへ
生涯スポーツ社会を実現します
誰でも気軽にスポーツを楽しむため、みんなでつくる仮称「地域スポーツクラブ」を設置。
地域住民がスポーツ利用ができるように校庭の芝生化を推進。
このページのトップへ
文化・芸術の花咲く地域をつくります
芸術家や文化団体が発表する機会の提供と、子供たちが本物の芸術にふれる機会を充実。
このページのトップへ
女性が輝く社会を構築します
公立病院に女性のための「総合相談窓口」「女性専門外来」の設置を強力に推進。
働く女性のためのサポートセンターの拡充。
このページのトップへ
地域経済の活性化で景気回復をはかります
限度額5,000万円の新たな無担保・無保証人の融資制度の創設。
事業破たん者用住宅の確保など、再チャレンジシステムの確立。
都市農業振興のための、農地への税優遇対策を推進。

政策

プロフィール

働き盛りの42歳、行動派 谷村たかひこ
38歳の若さで初当選。以来、 「一人ひとりの声が原点です」をモットーに、現場第一主義を貫き通し、3年間で3,000軒にものぼる都民相談を受けるなど、行動力はピカイチ!こんなに働くことのできる議員は、若さあふれる谷村しかいない!
明日の都政を担う実力派
公明党都議会事務局の職員として、6年間、現場で培った力が、“即戦力”として期待どおり、1期目でその実力を発揮。福祉、医療、教育など多岐にわたる分野で政策を次々と提言。都立高校改革や多摩老人医療センターの総合病院化など実績も多数で、明日の都政を担う実力派!

プロフィール
■身長&体重 176�p 68kg
■血液型 AB型
■座右の銘 「思索人のごとく行動し行動人のごとく思索する」
■許せないこと 人を裏切ること
■性格 明朗闊達
■趣味 将棋2段、音楽鑑賞、カラオケ
■好きな音楽 B’z、SCORPIONS、QUEEN、ZARD、松山千春
■特技 ドラム演奏
■愛読書 三国志、十八史略
■尊敬する人 周恩来
■食べ物 お茶漬け、チョコレート
■家族 妻と息子の3人家族。42歳

略歴
■ 昭和38年1月13日広島市に生まれる
■ 昭和60年3月創価大学法学部卒業
■ 昭和60年4月公明党本部に就職 (選対事務局に配属)
■ 平成6年4月衆院事務局に配属
■ 平成7年1月都議会事務局に配属
■ 平成13年7月東京都議会議員選挙に初当選
■ 現在、都議会経済港湾委員会理事、党政務調査会副会長、公明党都本部青年局長、公明党北多摩第1総支部長、東京都青少年健全育成審議会委員、三多摩民謡連盟相談役、ヤナセ少年野球連盟顧問

プロフィール

ご挨拶

新年を迎え、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
 常日頃から公明党に対し温かいご支援を賜り深く感謝しております。
 公明党の強さは、なんと言っても地域で現場の生の声を原点として、一人ひとりの声に耳を傾け、生活者の視点からさまざまな角度で政策を立案し、多くの実績として積み上げてきたところにあります。そして、今日、地域で活動する地方議員と国会議員との連携によるネットワーク政党・公明党は、日本の国で第3勢力の政党として、しっかりと地域に定着してきました。
 本年も私たち総支部議員団は、一致団結して新たな決意で地域発展のために奔走してまいります。皆様の温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。
2005年元旦

公明党北多摩第1総支部長
東京都議会議員
谷村 たかひこ

ご挨拶